教育分野におけるイノベーション

https://www.edx.org/school/harvardx

 

https://kids.yahoo.co.jp/study/

 

https://schoo.jp/

「Schooは365日、無料のオンライン生放送授業を開催。「未来に向けて今あなたが学んでおくべきこと」をテーマに、働き方・お金・健康・テクノロジー・ビジネス・ITスキルなどの最先端を皆で一緒に学んでいきます。」
 
FREE UNIVERSITY 株式会社

http://free-university.org/

残念ながら、2019年7月28日現在で、講師一覧が準備中になっているとともに、受講可能な講義が見つからない。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000035555.html

「無料で、小中高大の授業、スポーツや書道、茶道などの文化教育や、語学に資格講座、職業体験に至るまで、幅広い教育動画を配信し、開発途上国用のプログラムも実装するなど、世界の教育動画シェアトップを狙う。」
「FREE UNIVERSITY 株式会社(代表取締役 CEO 兼学長 長谷川幸世、東京都中央区)は、誰でも無料で学べるオンライン教育プラットフォーム、「FREE UNIVERSITY」を、2018 年 10 月 12 日に開講致します。配信する科目は、小中高大の授業のほか、スポーツや文化、職業体験から生涯学習、語学や資格試験など、ほぼ全ての教育のジャンルを、2030 年までに網羅し、且つ日本の教育を多言語化して、主に開発途上国に向けて授業を配信することにより、平等な教育機会を全世界に向けて提供します。」

https://foschia.co.jp/free-university-株式会社のプレスリリース/

FREE UNIVERSITY 株式会社が2018年8月8日(水)より 2018年9月27日(木)まで実施したクラウドファンディングの結果- 10名 32,900円

https://www.makuake.com/project/free-university/

カテゴリー: 未分類 | コメントする

炭素繊維に関する市場データ

「PAN系炭素繊維複合材料CFRP/CFRTPの世界市場を調査-2030年CFRP/CFRTP世界市場-
2016年比3.4倍の4兆3,864億円、自動車用途が6.9倍、航空機用途が3.2倍に伸長」
https://www.fuji-keizai.co.jp/market/18011.html

カテゴリー: 未分類 | コメントする

コーヒー

コーヒーに関わる革新(Neuerung)の歴史
コーヒー・ブームの歴史
「日本の「コーヒーイノベーション」が止まらない レジェンド菅野眞博がその理由を語る」『BUSINESS TIMELINE』 Vol.40では、菅野眞博(ドトールコーヒー常務取締役、日本スペシャルティコーヒー協会理事)氏がコーヒーの歴史的ブームを次の4つに分けている。(引用に際して、一部表現を変更してある)

1.ファーストウェーブ:19世紀後半〜 コーヒーの大衆化による大量消費の開始
2.セカンドウェーブ:1960年~ アメリカのシアトル系チェーン店の広がり
3.サードウェーブ:1990年〜 スペシャルティコーヒーの台頭
4.フォースウェーブ:2018年〜 高品質なコーヒーを自宅で飲む?
https://businesstimeline.jp/contents/tieup/244

 
コーヒーの販売形態に関するイノベーションの歴史
世界最初の缶コーヒー 1969年UCC
 
コーヒー豆の焙煎技術に関するイノベーションの歴史
UCC「アロマフリージング製法」(特許3617906号)[焙煎直後の炒り豆をマイナス2℃の冷気で急速冷却し、焙煎したての香気成分を封じ込める焙煎システム]
 
コーヒー豆の焙煎技術に関するイノベーションの歴史
缶コーヒーにも香り高くキレのよい味わいを実現した「TTND製法(特許3057026号)」
「単品焙煎」

[参考WEBページ]
「メーカー各社が独自のこだわり、缶コーヒーの製法」Livedoor News, 2012年3月20日
http://news.livedoor.com/article/detail/6385259/

 
缶コーヒーの製造技術・製造方法(製法)に関するイノベーションの歴史
UCC「スーパーアロマ製法」(1996)

 
コーヒー豆販売時の包装技術に関するイノベーションの歴史
真空パック(世界××年、日本UCC 1970年)
 
コーヒー関係の統計資料
カテゴリー: コーヒー, ゼミ合宿, 佐野ゼミ生用 | コメントする

洗剤のイノベーション

洗剤に関する技術的イノベーションの歴史
中曽根弓夫(2007)「石鹸・合成洗剤の技術発展の系統化調査」『国立科学博物館技術の系統化調査報告』Vol.9、57pp.
http://sts.kahaku.go.jp/diversity/document/system/pdf/033.pdf

衣料用洗剤の技術的イノベーションの展開に関して、日本における最初の民間の石鹸製造所の開業(1873年)から、現在のコンパクト洗剤が普及し、成熟期を迎えた1996年頃までの約120年間を取り扱った報告書。
本報告書では下記のように5つに時期区分をしている。

第Ⅰ期(1873~1937年)石鹸時代
第Ⅱ期(1937~1951年)合成洗剤の黎明期
第Ⅲ期(1951~1966年)合成洗剤の普及期
第Ⅳ期(1966~1987年)合成洗剤の環境対応期
第Ⅴ期(1987~1996年)合成洗剤のコンパクト化・成熟期
 
P&Gのジェルボール
週刊ダイヤモンド編集部(2015)「第3の洗剤ジェルボールがシェアを急拡大させたワケ」DIAMOND Online、2015.8.26
https://diamond.jp/articles/-/77216

「粉末でもなく、液体でもない第3の洗剤」と位置付けられている。
P&Gによれば、市場投入から1年で、市場シェア8%に達する「予測を大きく上回る大ヒット」となった製品である。
P&Gによれば、そのようにヒットした理由は「水溶性のフィルムに洗濯1回分のジェル状洗剤を密封することで計量の手間を省いた手軽さ」と「高い洗浄力」にある。

ただし花王やライオンも以前にジェルボールと類似の製品開発コンセプトに基づく水溶性のシート型やタブレット型の製品を市場投入したが、結局のところ失敗した。
そうした失敗の経験から、「洗濯物の量で、洗剤の量も節約しがちな日本の主婦の間で、分量の調整ができないジェルボール型が主流になるとは考えにくい。今の勢いは一時の流行で、そろそろ頭打ち」であるとする見方も強い。

 

福島久美子、池原照雄(2015)「欧米発のジェル状洗剤 ー 難題は日本の洗濯環境」WEDGE Infinity>ヒットメーカーの舞台裏、2015年5月5日
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/4937

福島久美子さん (プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン 研究開発本部)
池原照雄 (ジャーナリスト)

P&Gで日本およびアジア向け製品の開発責任者を務める研究開発本部シニアサイエンティストの福島久美子氏によると、「日本の洗濯は欧米に比べ、水温の低さや洗濯時間の短さなど、洗剤にとっての条件は厳しい」とのことである。すなわち、ヨーロッパでは温水を使うのが一般的で平均水温は約40℃、洗う時間は平均60分であるのに対して、日本では水温の低い水道水を使うのが普通で、洗う時間も平均8分と短い。
こうした欧米と日本による洗濯の条件の違いのため、製品化で先行した欧米のジェルボール製品を日本にそのまま投入することはできなかった。低水温で洗濯時間が短い日本では、洗剤を包むフィルムが十分に溶けないといったような不具合の克服が必要となった。P&Gはそのために4年にわたる試行錯誤を続けてようやく日本での製品化にこぎつけた。

「1億個売れた新型洗剤 「精神的な時短」がヒットの鍵」(特集 人気「時短」商品 ヒットへのアプローチ 中編)『日経トレンディネット』2017/11/12
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO22783870X21C17A0000000/

井上佐保子8(2017)「業務を曜日で分別管理!「アリエールパワージェルボール」開発者の手帳拝見」『PRESIDENT』2015年2月2日号、President online, 2015.7.24
https://president.jp/articles/-/15727

ヨーロッパではジェルボール型製品は、2001年頃から発売されていた。しかし、ヨーロッパと日本では洗濯条件や習慣が異なるため、日本でそのまま販売できなかった。ヨーロッパでは水温40度で1時間以上の洗い時間が確保されているが、日本では低水温で10分以内である。また日本では湿度が高いため、汗臭さや染みへの対応や、選択終了後の生乾きの臭いへの対応も必要であったからである。
 
アタック
 
カテゴリー: イノベーション事例, 未分類, 洗剤 | コメントする

清涼飲料水に関するデータ - イノベーションを論じるための基本的素材

 
清涼飲料水の定義・分類・製品特性などの視点が参考になる。また、清涼飲料水の市場成長 ( ‘8 6 – ‘0 8 )、近年のミネラルウォーター生産量の推移に関するデータをさらに最近のものにまで拡張して調べることも有意義である。
 
「1. 清涼飲料って何?」のような視点が参考になる。
 

小川長(2011)「清涼飲料市場にみるコモディティ化とマーケティング戦略」『尾道大学経済情報論集』11(2),pp.111-151
http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/onomichi-u/metadata/10012

カテゴリー: 未分類 | コメントする

インターネット関連の技術革新にともなう広告市場におけるイノベーション(2018)

下記課題のpdfファイルは下記からダウンロードできる。
http://www.sanosemi.com/sanosemi/2014-06-11-3nen.pdf

参考となる統計データは下記から入手できる。
http://sanosemi.info/archives/category/統計データ

innovationに関する事例研究は、「個別製品」レベルだけでなく、「製品セグメント」・「市場セグメント」レベルで考察することもできる。ここでは、技術的イノベーション(技術革新)を契機とした広告市場のイノベーション問題を取り扱う。
 
インターネット関連の技術革新にともなう広告市場におけるイノベーション
 
問1 下記文章は2014年6月11日のゼミ課題である。下記文章を現時点にあうように書き変えなさい。
問2 インターネット関連の技術革新にともなう広告市場におけるイノベーションに関して、下記で挙げられている以外の問題文を考え出しなさい。
問3 問1、問2で求められた変更をおこなった後の文章に基づいて、レポートを作成しなさい。


———— 以下 2014年6月11日のゼミ課題 ————-
 1990年代後半期以降の日本におけるWWW、ネット検索エンジン、ADSL、光ケーブル、PCサーバーなどインターネット関連技術のイノベーションの進展を受けて、広告という製品セグメントにおける内部構成は下記の図1「日本の広告市場の歴史的推移1996-2013」に示したように大きく変化した。

CM01
[データの出典]

電通(2014) 「2013年 日本の広告費」は5兆9,762億円、前年比101.4%― 総広告費は2年連続で増加、成長軌道へ」電通2014年2月20日付けニュースリリース
http://www.dentsu.co.jp/news/release/pdf-cms/2014014-0220.pdf
テレビ広告費:全国民間放送の電波料および番組制作費とテレビCM制作費
インターネット広告費:インターネットサイトやアプリ上の広告掲載費および広告制作費(バナー広告等の制作費および企業ホームページの内、商品/サービス・キャンペーン関連の制作費)
新聞広告費:全国日刊紙、業界紙の広告料および新聞広告制作費
 

 インターネットの社会的普及にともない、インターネット広告が20世紀末から急激に伸びた。20世紀末の2000年には590億円という市場規模であったものが、2009年には2000年の約12倍の7,069億円となって新聞広告を抜き、2013年には2000年の約16倍の9,381億円となり新聞広告市場の約1.5倍の規模となったのである。
 こうしたインターネット広告市場の成長は、以前から存在する「広告」製品サブセグメントである新聞広告やテレビ広告に打撃を与えた。

 新聞広告市場は1990年代後半期には約1兆2千億円であったのが、最近は約1/2にまで落ち込んだ。またテレビ広告市場は新聞広告市場ほどではないにしろ、1990年代後半期には約2兆円であったのが最近は1兆7千億円台と約2千億円の落ち込みを記録している。
 新聞広告とテレビ広告という二つの製品サブセグメントを合わせた減少分は約8千億円を超える大きさとなっている。

こうした広告市場セグメントの内部構成の変化に関して、下記に挙げた問いの一つまたはいくつかを取り上げてミニレポートを作成して下さい。

(1) インターネットの1990年代以降における社会的普及はデータ的にどのようなものであったか? インターネットの社会的普及が進んだ技術的理由や技術的要因、あるいは、社会的理由や社会的要因としてはどのようなものがあるのかを考察しなさい。

(2) 1990年代以降におけるテレビの視聴時間の変化はデータ的にどのようなものであったのか? できれば、年代別、性別、年収別のデータも調べなさい。さらにまた、そうした変化が起きた理由にはどのようなものがあるのかを考察しなさい。

(3) 1990年代以降における新聞の購読時間の変化はデータ的にどのようなものであったのか? できれば、年代別、性別、年収別のデータも調べなさい。さらにまた、そうした変化が起きた理由にはどのようなものがあるのかを考察しなさい。

(4) 1990年代以降におけるインターネットの利用時間の変化はデータ的にどのようなものであったのか? できれば、年代別、性別、年収別のデータも調べなさい。さらにまた、そうした変化が起きた理由にはどのようなものがあるのかを考察しなさい。

(5) 新聞広告の市場規模が約1/2になったことに関して、「新聞社はその事態についてどのようなことを述べているのか?」「新聞社はその事態に対応してどのように対処しようとしているのか?」「新聞社の収益構造との関係で、広告収入の減少の持つ影響・意味はどのようなものなのか?」を調べなさい。
 なおレポートに際しては新聞業界全体を対象として論じても構わないし、特定の企業(例えば、朝日新聞社、読売新聞社など)だけを取り上げて論じても構わない。

(6) インターネット広告市場の拡大という現在の状態に対して、新聞社はどのように対応するのが最も適切と考えられるのかを論じなさい。

(7)  テレビ広告市場は新聞広告市場ほどではないにしろ、1990年代後半期には約2兆円であったのが最近は1兆7千億円台と2千~3千億円の落ち込みを記録していることに関して、「テレビ局はその事態についてどのようなことを述べているのか?」「テレビ局はその事態に対応してどのように対処しようとしているのか?」「テレビ局の収益構造との関係で、広告収入の減少の持つ影響・意味はどのようなものなのか?」を調べなさい。
 なおレポートに際してはテレビ局業界全体を対象として論じても構わないし、特定の企業(例えば、日本テレビ、フジテレビなど)だけを取り上げて論じても構わない。

(8) インターネット広告市場の拡大という現在の状態に対して、テレビ局はどのように対応するのが最も適切と考えられるのかを論じなさい。なおその際には、自分の推測の根拠を分かりやすく説明しなさい。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

洗濯機のイノベーション

大西正幸(2011)「洗濯機技術発展の系統化調査」『国立科学博物館 技術の系統化調査 第16集』pp.147-226
http://sts.kahaku.go.jp/diversity/document/system/pdf/068.pdf

岩下繁昭(2018)「洗濯機100年のイノベーション史」
http://www.monotsukuri.net/washing.pdf

東芝「東芝電気洗濯機75年の歩み」東芝ライフスタイル > 家電製品 Toshiba Living Doors > 東芝家電75周年記念商品について
https://www.toshiba-lifestyle.co.jp/living/exhibition/history/laundry.htm

「家電の昭和史 洗濯機編 昭和20年~60年代」家電月報『ALLE』2007年1月・3月号掲載
http://www.kdb.or.jp/syouwasisentakuki.html
[家電月報『ALLE』2006年5月号~2010年2月号に「家電の昭和史」シリーズが掲載されている。本稿はその中の一つである。]

カテゴリー: イノベーション事例 | コメントする

自動車の自動運転というイノベーション(2018.10.01)

自動車の自動運転というイノベーションに関わる問題
  1. 自動運転車の定義は何か?(レベル1~レベル5)
  2. 自動運転車のneedsは何か?(自動運転車はどのような必要性[necessity]に応えようとするものなのか?自動運転車の有用性[usefulness]は何か?自動運転車に対するwantsを持つ顧客はどのような顧客なのか?自動運転車を購入する顧客はどのような顧客なのか?)
  3. 自動運転車のseedsは何か?(自動運転車の実現に必要な技術的seedsは何か?)
  4. 自動運転車の社会的普及を妨げている法的規制は何か?を促進する法的規制は何か?(レベル1~レベル5というレベル区分との関連で論じること)
  5. 自動運転車の実現に向けて各国政府はどのような対応をしているのか?(たとえば日本政府は何をしているのか?)
 
自動車の自動運転技術に関するランキング調査
 
自動車の自動運転に関わる文書
 
自動車の自動運転というイノベーションを促進するための背景的要素
日本政府ほかの政策的対応
2013年3月 世界最先端IT国家創造宣言
2013年10月 「運転支援システム高度化計画」(省庁連絡会議)
2014年6月 「官民 ITS 構想・ロードマップ」
2015年6月 「官民 ITS 構想・ロードマップ2015」
2016年5月 「官民 ITS 構想・ロードマップ2016」
2017年5月 「官民 ITS 構想・ロードマップ2017」
2018年6月 「官民 ITS 構想・ロードマップ2018」

関連研究会
 
[参考資料]

 
自動車の自動運転に関するneeds-seeds視点からの考察
1.自動車の自動運転に関する顧客視点から見たneeds(自動運転の必要性・有用性、自動運転車に対する市場ニーズ)
  1. 運転手のヒューマンエラー[人間の判断ミス・反応ミスによる運転ミス、酒酔い運転、脇見運転、居眠り、突然死、認知症]による交通事故の防止
  2. 運転経路や運転操作のシステム的最適化による渋滞の緩和・温暖化ガス排出量の削減
  3. バス・鉄道などの公共交通システムの維持が困難な過疎地における交通システムとしての自動運転
  4. 営業マン等の運転操作からの解放による労働生産性の向上
 
2.自動車の自動運転に関するseedsー自動運転車メーカー視点から見た自動運転を可能にするための技術的needs
  1. GPS精度の向上
  2. アダプティブクルーズコントロール(Adaptive Cruise Control,ACC, 定速走行・車間距離制御装置)機能
  3. 速度標識の認識
  4. 衝突等の危険を予測しての停車
  5. レーンに添っての自動走行
  6. 駐車場や自宅ガレージでの自動駐車機能

[参考資料]
日本自動車工業会「ACCとは」
http://www.jaf.or.jp/eco-safety/asv_cg/acc/about_acc/

 
自動運転車イノベーションに関する既存自動車メーカーの戦略的対応 vs 新規参入メーカーの戦略的対応
[佐野ゼミミニレポート用課題]
上記記事などを参考にしながら、自動運転車のイノベーションによって自動車業界の構造がどのように変化すると予想されているのかをまとめなさい。
 
自動運転に対する既存自動車メーカーの対応
[佐野ゼミミニレポート用課題]
上記記事などを参考にしながら、既存自動車メーカーにおける自動運転車への取り組みについて、企業別にまとめなさい。
 
自動運転に対する新興電気自動車メーカー・テスラの対応
[佐野ゼミミニレポート用課題]
上記記事などを参考にしながら、電気自動車メーカー・テスラにおける自動運転車への取り組みについて、企業別にまとめなさい。
 
自動運転車に関するグーグルの取り組み
 
自動運転車のイノベーションに対する日本政府の取り組み
 
自動運転車の補完財としてのデジタル地図
 
カテゴリー: 未分類 | コメントする

Google map

河合敬一(2014)「「世界を少し近づけた」 Googleマップ、10年間の進化の過程を振り返る」(Softbank World > Softbank World 2014 > 河合敬一・Google Maps for Business)logmi HOME>ビジネス
https://logmi.jp/26391

河合敬一(2014)「流されてしまった思い出を残したい–Googleマップの「タイムマシン機能」は震災後の日本で始まった」(Softbank World > Softbank World 2014 > 河合敬一・Google Maps for Business)logmi HOME>ビジネス
https://logmi.jp/26491

河合敬一:Google Inc. プロダクトマネージャー(当時)

小山未来(2017)「「図解で見る」Googleマップの歴史」Wrapニュース ホーム > 特集・連載 > VR ビジネス > 「図解で見る」Googleマップの歴史2017.02.01
https://wrap-vr.com/archives/2831

カテゴリー: 未分類 | コメントする

就職活動(就活)に関わる「イノベーション」- AI技術の活用

河鐘基(2018)「迫る就活解禁日 世界で進む「AI面接」の進化」Forbes Japan,2018/05/17 12:30

https://forbesjapan.com/articles/detail/21064

SHain
https://www.taleasse.co.jp/shain/
Strategic Hiring AI Navigatorの略語としての、SHainという会社名

カテゴリー: 未分類 | コメントする