エジソンによる電球の発明(1879) というProduct Innovationに関するneeds視点からの説明

エジソンによる電球の発明(1879) というProduct Innovationを、いわゆるneeds視点から分析すると下記のように位置づけることができる。
 
1.産業革命の進展・普及にともなう、19世紀における大工場制度の普及
     ↓
2.夜間労働の出現・増大
     ↓
3.「夜間労働に対応する照明」=「明るくて安全でクリーンで手間のかからない夜間照明」に対するニーズの出現
needs1.照度のより高い照明(作業のしやすさや安全の確保、必要な照明装置の数を減少させることなどが可能な照明)
needs2.火事の危険度がより低い照明(ろうそくやランプなど燃焼プロセスを利用した照明よりも火事の危険度がより少ない照明)
needs3.ススなどで製品が汚れない照明(ろうそくやランプなど燃焼プロセスを利用した照明ではススの発生が不可避であるが、燃焼プロセスを利用しないことでススを発生することが原理的にない照明)
needs4.取り替えの手間が低い照明(ろうそくやランプよりも、「故障」率が低く、取り替え期間がより長い照明)
     ↓
4.上記のneedsを充足する照明装置としての白熱電球の発明
 
 
Innovationを経営技術論的視点から分析する際には、needsという用語を、下記の3要素に分けて論じる必要がある。
要素1.necessity・usefulness(必要であること、有用であること)
要素2.wants(欲求)
要素3.demand(需要)
 
問題 エジソンによる電球の発明(1879) というProduct Innovationに関わる上述のneeds1~needs4は、要素1、要素2,要素3のいずれに該当するのかを、下記資料を参考にわかりやすく説明しなさい。

http://www.sanosemi.com/document/sano-biztech-chap4.pdf

カテゴリー: プロダクト・イノベーション | コメントする

ビール類の市場シェア推移

データ-ビール類-市場シェア変化

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ビール類に関する製品イノベーションと酒税法

製品の需要は、製品の購入者が支払うべき金額によって変動する。
製品の購入者が支払うべき金額は、product life cycle論視点から見ると、下記のような諸要素によって規定されている。
 
product life cycle視点から見たトータル・コスト
1.初期コスト
1.1 製品本体購入コスト(製品本体の購入価格)
1.2 補完財購入コスト(周辺機器等の購入価格)
1.3 導入コスト
1.3.1 新規学習コスト(初期学習費用)
1.3.2 運搬・設置コスト(送料・運搬費、設置費用)
 
2・維持コスト
 
3.廃棄コスト
3.1 製品本体廃棄コスト(製品本体の廃棄費用、廃棄作業コスト)
3.2 補完財廃棄コスト(周辺機器等の廃棄費用、廃棄作業コスト)
 
ビールのような消費財においては、1.1と1.3.1と3.1などが問題となる。
 
問1 ビールの場合の販売価格の規定要因を、下記の分類に応じて具体的に考察しなさい。
1) コスト
2) 利益
3) 税金
ビールに関わる製品イノベーションの規定要因としての酒税法
 
カテゴリー: ビール, 事例的課題, 佐野ゼミ生用, 佐野ゼミ生用課題, 理論的課題 | コメントする

product life cycle視点から見たtotal cost

product life cycle視点から見たtotal costは、下記のような要素から構成されている。

product life cycle視点から見たトータル・コスト

1.初期コスト
1.1 製品本体購入コスト(製品本体の購入価格)
1.2 補完財購入コスト(周辺機器等の購入価格)
1.3 導入コスト
1.3.1 新規学習コスト(初期学習費用)
1.3.2 運搬・設置コスト(送料・運搬費、設置費用)

2・維持コスト

3.廃棄コスト
3.1 製品本体廃棄コスト(製品本体の廃棄費用、廃棄作業コスト)
3.2 補完財廃棄コスト(周辺機器等の廃棄費用、廃棄作業コスト)

上記の視点から見ると、イノベーションに関わるスイッチング・コストは、旧世代製品および旧世代製品対応補完財製品に関わる廃棄コストと、1.3の導入コスト(新規学習コスト)から構成されていることになる。

カテゴリー: 佐野ゼミ生用課題, 理論的課題 | コメントする

Amazon.comに関する問題(4) – なぜamazon.com起業時に、本を対象としたのか?

ジェフ・ベゾスは、Amazon.comの起業時にオンライン販売の対象商品として、下記資料に記載されているように書籍(books)を選択した。
 
資料1 Telegraphに掲載されているジェフ・ベゾスへのインタビュー記事
The company started out as a business plan, written by Bezos while still at D. E. Shaw, the Wall Street hedge fund. On the back of the plan he raised $300,000 (£191,747) and headed west with MacKenzie to start their new adventure.
The original Amazon plan was focused exclusively on books, and I expected the company to grow slowly over a large number of years. But it actually grew very quickly right from the beginning.”
 
Bezos then researched the top twenty mail order businesses to figure out which goods might sell well in an Internet marketplace. Software, music, videos, and clothing were all possibilities, but Bezos methodically whittled the list down to one choice – books.
 
When Amazon first opened its “virtual” doors in 1994, the company was on the cutting edge of the e-commerce revolution as one of the first in the world to offer goods over the Internet. Focused exclusively on book sales, Amazon founder Jeff Bezos saw e-commerce’s potential to offer a far wider range of book tides than was possible in the traditional brick-and-mortar bookstore. His business model inspired the company’s name change to Amazon, in reference to the world’s most voluminous river.
 
問題 現在のamazon.comは多種多様な商品を取り扱っているが、最初は書籍のみを対象としてビジネスを始めた。その理由としては、「よく知られた製品であること」、「市場が大きいこと」、「競争が激しいこと」、「仕入れが容易であること」などいくつもの要因がある。
「ベゾスは、なぜ書籍を対象としたのか?」に関して、下記の要件を満たすレポートを作成しなさい。
(1) 上記に挙げた要因も含めなるべく多くの要因を列挙しなさい。
(2) 自らが列挙した要因それぞれについて、ジェフ・ベゾスの意図がわかるようにその内容をわかりやすく説明しなさい。
(3) 自分が利用した資料の出典を上記のような形式で必ず明示しなさい。用いた根拠資料の出典の明示がない場合には、採点の対象とはしないので注意すること。
 
カテゴリー: amazon.com, 事例的課題, 遅刻者・欠席者用課題 | コメントする

Amazon.comに関する問題(3) – Net SalesおよびOperation Incomeの推移2014-2016

Amazon.com の2016Anual reportによれば、最近3年間のNet SalesおよびOperating Incomeは下記の通りである。
 
表1 Net Sales(売上高)の推移2014-2016
 
表2 Operation Income(営業利益)の推移2014-2016[単位:100万ドル]
 
 
Amazon.com(2017) 2016 Annual Report, 2017/04/12, p.23では、Net Salesに関して下記のような説明がある。
Net sales include product and service sales. Product sales represent revenue from the sale of products and related shipping fees and digital media content where we record revenue gross. Service sales represent third-party seller fees earned (including commissions) and related shipping fees, AWS sales, certain digital content subscriptions, certain advertising services, and our co-branded credit card agreements. Amazon Prime membership fees are allocated between product sales and service sales and amortized over the life of the membership according to the estimated delivery of services.
 
問1 上記のAWSとは何かをわかりやすく説明しなさい。
 
問2 上記の二つの資料に基づく下記エクセルファイルの2015年、2016年の空欄部分を埋めてファイルを完成させ、AMAZON.comの特徴を示すグラフを一つ作成しなさい。
 
カテゴリー: 2017ネットビジネス論, amazon.com, 事例的課題 | コメントする

Amazon.comに関する問題(1) – なぜCadabra.comからAmazon.comに改名したのか?

ジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)は1994年12月にCadabra.comという名称で法人格を取得した。しかしすぐにCadabra.comという名称の利用を取りやめて、Amazon.com に改名している。Amazon.com に改名した理由は、日本語版ウィキペディア「Amazon.com」(http://ja.wikipedia.org/wiki/Amazon.com)によれば、下記のようなものである。
 
「WWW草創期の1994年7月にジェフ・ベゾスによってCadabra.com(カタブラ)としてワシントン州で法人格を取得し、インターネット書店が開業される。この cadabra はアブラカダブラから採られたものだが、ベンチャー計画を弁護士に電話で話した際 “cadaver(「死体」の意)?” と聞き返されたため、のちに世界で最大規模の流域面積を持つ南アメリカのアマゾン川にちなみAmazon.comと改名された。」
 
問1 「弁護士が電話で”cadaver”と聞き返したのでCadabra.comという名称の利用を取りやめた」という上記の記述の典拠として用いるのにふさわしいWikipedia以外の資料を探し出して、該当箇所を引用するとともに、下記注意事項に留意しながら、きちんとした引用表記を行いなさい。
 なおcadaver以外の理由で取りやめたという説があれば、それも紹介しなさい。
 
問2 「世界で最大規模の流域面積を持つ南アメリカのアマゾン川」にちなんでAmazon.comという名称の利用を採用したという上記の記述の典拠として用いるのにふさわしいWikipedia以外の資料を探し出して、該当箇所を引用するとともに、下記注意事項に留意しながら、きちんとした引用表記を行いなさい。
 
注意事項1. 2chやmatome.naver.jpは引用典拠としてはふさわしくないのでそれ以外の資料を探し出すこと。
注意事項2. 明治大学経営学部の下記資料の指示に従って、引用表記をおこなうこと。
 
カテゴリー: 2017ネットビジネス論, amazon.com, 事例的課題 | コメントする

2017.04.12 佐野ゼミ3年次

本日は、「春合宿の課題レポートを佐野ゼミで要求されている形式に変更する」という作業を、五十嵐さんと神垣さんのレポートを素材として行いました。

具体的な作業内容
1・五十嵐さんと神垣さんの春合宿の課題レポートのデータすべてを、佐野ゼミの下記テンプレートファイルに上書きコピーする。

欠席者用課題

キリンの経営計画説明会資料(下記WEBページ)の「長期経営構想」「中期経営計画」「単年度事業方針」を読み、キリンのビール事業に関する経営戦略をイノベーション的視点から論じなさい。(データなしの場合は、総文字数が1,000字以上になるようにすること。データを含む場合は、データ以外の文章で500字以上、文章とデータの合計で1,500字以上を書くこと)
http://www.kirinholdings.co.jp/irinfo/library/plan/

カテゴリー: 未分類 | コメントする

EPSONの液晶プロジェクターにおけるUSBケーブル経由入力

EPSONの液晶プロジェクターは、USBケーブル経由での画面出力に対応している。

明治大学山中セミナーハウス備え付けのEPSON EH-TW400の場合には
下記URLからWindows OS用およびMac OS用の
ディスプレイ・ドライバーをダウンロードできる。

http://www.epson.jp/support/portal/download/eh-tw400.htm

カテゴリー: 未分類 | コメントする

卒業論文の不正行為に関する最近の社会的対応の変化に関する紹介

「たかが卒論におけるコピペ問題で何を騒いでいるのか?」「卒論でのコピペは誰もがやっていることではないか?」と感じられているゼミ生もまだ少なからずいると思われるので、最近の社会的状況の変化に関する記事を下記に紹介します。
 
2015年6月にお茶の水女子大では、「2013年3月に同大学を卒業した学生1人の卒業論文で、内容の3分の2が盗用だった」ことを理由として、その卒業生の指導教授を厳重注意処分にしています。
 
 
またゼミの下記WEBページでも紹介しておいたのですが、2004年に慶應大学環境情報学部では卒論の剽窃行為に対し、当該学期の取得単位取り消しおよび卒業取消などの処分はしなかったものの、剽窃をおこなった人物の実名をWEB上で公開するという措置をおこなっています。
 
 
さらに愛知県立大学では剽窃行為のある卒業論文を大学の研究所の年報に掲載したため、下記のように朝日新聞デジタルおよび名古屋地方版ですが、朝日新聞にも取り上げられました。また卒業論文におけるコピペが「一般化」している可能性が高いと思われる現状でそこまでするのはかなり行き過ぎた社会的制裁ではないかと個人的には思うのですが、WEB上ではその実名が公開されています。
 
 
カテゴリー: 未分類 | コメントする