佐野ゼミ生用課題」カテゴリーアーカイブ

ビール類に関する製品イノベーションと酒税法

製品の需要は、製品の購入者が支払うべき金額によって変動する。 製品の購入者が支払うべき金額は、product life cycle論視点から見ると、下記のような諸要素によって規定されている。   product life … 続きを読む

カテゴリー: ビール, 事例的課題, 佐野ゼミ生用, 佐野ゼミ生用課題, 理論的課題 | コメントする

product life cycle視点から見たtotal cost

product life cycle視点から見たtotal costは、下記のような要素から構成されている。 product life cycle視点から見たトータル・コスト 1.初期コスト 1.1 製品本体購入コスト( … 続きを読む

カテゴリー: 佐野ゼミ生用課題, 理論的課題 | コメントする

Amazon.com – ジェフ・ベゾスは、amazon.com起業時にネット販売の対象としてなぜ最初に本を選択としたのか?

ジェフ・ベゾスは、Amazon.comの起業時にオンライン販売の対象商品として、下記資料に記載されているように書籍(books)を選択した。   資料1 Telegraphに掲載されているジェフ・ベゾスへのインタビュー記 … 続きを読む

カテゴリー: amazon.com, 事例的課題, 遅刻者・欠席者用課題 | コメントする

Amazon.com – Net SalesおよびOperation Incomeの推移2014-2016

Amazon.com の2016Anual reportによれば、最近3年間のNet SalesおよびOperating Incomeは下記の通りである。   表1 Net Sales(売上高)の推移2014-2016 … 続きを読む

カテゴリー: 2017ネットビジネス論, amazon.com, 事例的課題 | コメントする

Amazon.com – なぜCadabra.comからAmazon.comに改名したのか?

ジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)は1994年12月にCadabra.comという名称で法人格を取得した。しかしすぐにCadabra.comという名称の利用を取りやめて、Amazon.com に改名している。Amaz … 続きを読む

カテゴリー: 2017ネットビジネス論, amazon.com, 事例的課題 | コメントする

事例研究レポート - 液晶に関するイノベーション

下記参考ファイルをもとに、トータルで約6,000字(最低5,000字以上)の事例研究レポートをまとめて下さい。   2016卒論-追加課題1-液晶に関するイノベーション 目安としては、(1) 約300字、(2) 約500 … 続きを読む

カテゴリー: 事例的課題, 佐野ゼミ生用課題, 合宿・卒論用ケース課題 | コメントする

VHS vs ベータ関連資料

岩本敏裕(2007)「VTR産業の生成 ― コア・テクノロジーに焦点を当てた日本の競争優位 ―」『立命館経営学』45(5), pp.125-151 http://r-cube.ritsumei.ac.jp/bitstre … 続きを読む

カテゴリー: 2016年度-2年次ゼミ, 2018年度卒業予定ゼミ, 事例的課題, 佐野ゼミ生用, 佐野ゼミ生用課題 | コメントする

アナログカメラからデジタルカメラへの製品イノベーションの社会的普及のあり方に関するゼミ課題

課題 — アナログカメラからデジタルカメラへの製品イノベーションの社会的普及のあり方の分析 下記のグラフのように、デジタルカメラの総出荷台数のピーク値(2010年に12,146万台)が、アナログカメラの総出荷 … 続きを読む

カテゴリー: 2016年度-2年次ゼミ, 2018年度卒業予定ゼミ, 事例的課題, 佐野ゼミ生用, 佐野ゼミ生用課題 | コメントする

デジタルカメラの出荷台数、出荷金額、製品単価の歴史的推移

[目標] 数値データをもとに分析・考察をおこなうための練習として、下記のPDFファイルの数値をもとに、グラフを作成し、分析・考察すべき課題を自分で考え出してみよう。   一般社団法人カメラ映像機器工業会(2016)「デジ … 続きを読む

カテゴリー: 2016年度-2年次ゼミ, イノベーション論, 事例的課題, 佐野ゼミ生用, 佐野ゼミ生用課題 | コメントする

2016.09.21佐野ゼミ3年次課題

下記の説明およびWEBに挙げたクリステンセンによるイノベーション分類の視点から見た場合に、「夏期合宿レポートで自らが取り上げた事例がどこに位置するのか?」を解答サンプルのように説明しなさい。(なお解答サンプルは本文部分だ … 続きを読む

カテゴリー: 2016年度-3年次ゼミ, 2017年度卒業予定ゼミ, ゼミ活動記録, 佐野ゼミ生用, 佐野ゼミ生用課題, 理論的課題 | コメントする