イノベーション論」カテゴリーアーカイブ

Product-out型製品Innovation — 市場調査から出発しない製品イノベーション

Product-out型製品イノベーションは、「製品市場がまだ存在してはいないため、需要(demand)に関する市場調査をおこなえない場合」と、「製品市場は既に存在するが、ターゲットとする顧客の特性が既存市場の顧客の特性 … 続きを読む

カテゴリー: needs-seeds論, イノベーション事例, イノベーション論 | コメントする

Product-Out型製品におけるDemand認識の後行性

「プロダクト・アウト」型製品の場合には、明確な需要(demand)[注1]が存在しないという状況の中で製品の開発・生産が行われる。すなわち、製品(Product)開発がその製品市場(Market)の存在よりも先行しておこ … 続きを読む

カテゴリー: needs-seeds論, イノベーション論 | コメントする

製品イノベーションの構造に関する needs,wants,demand視点からの考察

1.ニーズ(needs)概念の3分類 ニーズ(needs)という単語は経営学的には区別すべき3つの意味を持っている。 (1) 必要性(necessity)、有用性(usefulness) —- 「必要とする」 … 続きを読む

カテゴリー: needs-seeds論, イノベーション論 | 1件のコメント

SONYの音楽再生機器に関する製品イノベーション

問1 初代「カセット・ウォークマン」TPS-L2(1979)と初代「DATウォークマン」TCD-D3 (1990)の機能・性能を比較すると、下記のようになっている。初代DATウォークマンは初代カセット・ウォークマンにない … 続きを読む

カテゴリー: イノベーション事例, イノベーション論 | コメントする

SONYにおけるテープレコーダー製品セグメントvs プレイヤー製品セグメント

SONYが1979年に発売開始したカセット・ウォークマンTPS-L2は、「録音できない」という意味では先行製品よりも機能的に劣った製品ではあったが、ステレオ再生と小型軽量化を両立させた製品であるという意味において画期的な … 続きを読む

カテゴリー: イノベーション論, 製品設計 | コメントする

デジタルカメラの出荷台数、出荷金額、製品単価の歴史的推移

[目標] 数値データをもとに分析・考察をおこなうための練習として、下記のPDFファイルの数値をもとに、グラフを作成し、分析・考察すべき課題を自分で考え出してみよう。   一般社団法人カメラ映像機器工業会(2016)「デジ … 続きを読む

カテゴリー: 2016年度-2年次ゼミ, イノベーション論, 事例的課題, 佐野ゼミ生用, 佐野ゼミ生用課題 | コメントする

テーマパーク、遊園地などのレジャー施設におけるイノベーション的現象

大阪USJ関係 週刊ダイヤモンド編集部(2016)「USJドン底から大躍進の鍵は「確率・統計」のフル活用」DIAMOND online, 2016年6月27日 http://diamond.jp/articles/-/9 … 続きを読む

カテゴリー: イノベーション論, レジャー施設, 佐野ゼミ生用 | コメントする

アッターバックのdominant design論の理解を問う問題(その1)

自転車のproduct designも、英文入力のためのアルファベット文字配列のproduct designも、市場でdominantなproduct designは19世紀末から21世紀の今日に至るまで変化していない。 … 続きを読む

カテゴリー: dominant design, アッターバック, イノベーション論 | コメントする

数字キー配列 part1 問題提示

[教員作成の参考資料] 佐野正博(2009,2010,2011)「数字キー配列の歴史的変化」   [数字キー配列に関する興味深い一般的WEB] 西志郎「「テンキー」 の数字配列」 カシオ計算機「電卓と電話のボタンの並びは … 続きを読む

カテゴリー: イノベーション論, 製品設計 | コメントする

product designの階層性に基づくイノベーションの性格のタイプ分類

具体的事例としての自動車   自動車におけるproduct designの階層性 — 「自動車をどのように区分するのか?」という視点から見た製品区分の階層性   A.自動車の走行システムの基本的designに … 続きを読む

カテゴリー: イノベーション論, プロダクト・イノベーション | コメントする