保険業界のイノベーション

保険業界におけるイノベーションに関する参考記事
 
https://www.accenture.com/jp-ja/insight-are-you-ready-be-an-insurer-things
「モノのインターネット(Internet of Things)」が台頭する経済環境において、保険会社はビジネスモデルへの大胆な再構築が求められとしている。
 
https://www.accenture.com/jp-ja/insight-insurance-technology-vision-2017
アクセンチュアは、「世界31カ国の563名の保険の経営層およびIT部門責任者」を対象に、「テクノロジーが自社にいかなるインパクトを与えるか、直近数年のテクノロジー投資における優先度」などに関する調査を2016年11月から2017年1月にかけて実施した。「日本の保険の経営層およびIT部門責任者は31名が含まれ」ている。
関連ニュースリリース:アクセンチュア(2017)「保険会社の経営幹部は、AIによって変革が進むと予想。一方で、既存IT基盤との互換性への懸念も浮き彫りに――アクセンチュア調査レポート「テクノロジービジョン2017 保険業界向け」」2017年7月26日付けニュースリリース
 
大久保草敬、大喜多雄志(2016)「テクノロジーの進化が迫る保険デジタルイノベーション」『週刊東洋経済臨時増刊  生保・損保特集2016年版』pp.52-59
 
http://www.sjnk-ri.co.jp/issue/quarterly/data/qt67-2.pdf
従来の業務等の効率化にくわえ、先進的なデジタル技術の活用によって、既存のビジネスモデルにイノベーションや変革をもたらすことで、より顧客ニーズに沿った価値の提供を実現し、新たな収益を生み出すことを目指した動き」としてのDigital Transformation(デジタル化による変革)を、業務のデジタル化としてのDigitaizationと区別すべきとしている。
具体例として、AXA グループにおけるDigital Transformationの取り組みを紹介している。
 
https://www.sapjp.com/blog/archives/11207
労働人口の減少による保険の保有契約高の減少という傾向のもと、日本の保険会社の未来はどこにあるのかを、日本の保険会社と保険業界のイノベーターとの差異の分析などを通じて論じている。
 
https://www.sapjp.com/blog/archives/11082
ボストンコンサルティンググループ(BCG)は、保険業界は成長産業であると考えている。ただし、成長実現のためには「イノベーションが必要で、そのブレークスルーになるのがテクノロジーである」としている。
そして、保険業界のブレークスルーを加速化させるキーワードとして、(1)通信・端末、(2)顧客、(3)ソフトウェア、(4)情報という4つを挙げて説明している。
 
 
 

RGA リインシュアランス カンパニー日本支店(2014)「生命保険における商品開発のイノベーションと最適化」
https://www.rgare.com/docs/default-source/subsite-materials/knowledge-center-materials/life_insurance_product_development_innovation_and_optimization_japanese.pdf

三井住友海上におけるイノベーションに関する参考記事・資料
1979年に住友海上の社長に就任した徳増は、「「イノベーション」の名の下に、社員の意識改革を図り、業界BIG3を目指した」とされている。本書の第2部のタイトルは「イノベーションこそ企業の命」と書かれている。
 
http://college.nikkei.co.jp/article/61595914.html
本WEBページにおいて「保険は技術革新を支えるインフラ」であるとか、「これまで人間が行ってきた保険業務の一部が人工知能(AI)に置き換えられる」という発言が紹介されている。
 

重森大(2017)「三井住友海上がロボットに注力の理由、ビルメンテ事例で見えた人との住み分け」

三井住友海上火災保険 公務開発部 開発室の北河康弘氏の講演「外食・中食産業イノベーションに向けたロボットの活用事例と実用化のヒント」における発言が紹介されている。本WEBページで同氏は下記のように、「ロボットの普及は新たな保険ビジネスを生み出す」としている。
「自動運転技術の開発が進み、自動車の事故はこれから減っていくでしょう。それ自体はいいことです。しかし、安全性が高まれば保険という商品の魅力は低下します。逆にこれから保険が求められるのはどこかといえば、それはロボットが導入される職場です。ロボットの普及は、新たな保険ビジネスを生み出すと考えているのです」(北河氏)
 

2018.10.31追記
第一生命におけるInsurance Technologyによるイノベーションに関する参考記事・資料

第一生命「Insurance Technologyへの取組みについて」
http://www.dai-ichi-life.co.jp/company/instech/index.html

カテゴリー: 事例的課題, 佐野ゼミ生用課題, 合宿・卒論用ケース課題, 遅刻者・欠席者用課題 パーマリンク