2014年度-3年次ゼミ(2013-2015)」カテゴリーアーカイブ

ソーシャルネットワークゲームに関する過去のWebデータの検索とその内容概要レポート

WEB上のデータの中には一定期間経過後にアップロードされていたサーバー上から削除されるものがある。そのためGoogle検索などでヒットしたWEB記事でも本文を見ることができないものがある。 例えば下記のWEBデータがそう … 続きを読む

カテゴリー: 2014年度-3年次ゼミ(2013-2015), 佐野ゼミ生用課題, 遅刻者・欠席者用課題 | コメントする

佐野ゼミ 3年次 2014.06.18

イノベーションに関するクリステンセン的なタイプ分類  クリステンセンは、「既存技術を漸進的に改良しただけの技術に基づくイノベーションなのか?それとも、既存技術とは抜本的に異なる新技術に基づくイノベーションなのか?」という … 続きを読む

カテゴリー: 2014年度-3年次ゼミ(2013-2015), イノベーション論, クリステンセン, 佐野ゼミ生用 | コメントする

佐野ゼミ3年次 2014.06.11課題 — インターネット関連の技術革新にともなう広告市場におけるイノベーションほか

下記課題のpdfファイルは下記からダウンロードできる。 http://www.sanosemi.com/sanosemi/2014-06-11-3nen.pdf 参考となる統計データは下記から入手できる。 https:/ … 続きを読む

カテゴリー: 2014年度-3年次ゼミ(2013-2015), 佐野ゼミ生用, 佐野ゼミ生用課題 | コメントする

佐野ゼミ 3年次 2014.06.04

新製品開発に際しては、「需要(demand)に関する市場調査に基づいて製品イノベーションを進める」Market-oriented Innovation的やり方と、「需要(demand)に関する市場調査をおこなうことなく製 … 続きを読む

カテゴリー: 2014年度-3年次ゼミ(2013-2015), イノベーション論, 佐野ゼミ生用 | コメントする

佐野ゼミ 3年次 2014.05.28

新製品開発に際して、「需要(demand)に関する市場調査に基づいて製品イノベーションを進める」Market-oriented Innovation的やり方と、「需要(demand)に関する市場調査をおこなうことなく製品 … 続きを読む

カテゴリー: 2014年度-3年次ゼミ(2013-2015), 佐野ゼミ生用, 未分類 | コメントする

佐野ゼミ3年次-2014.05.07

[次回ゼミの課題] 下記の資料にあるように、日常的に「ニーズ」と呼ばれている用語は、多義的な意味・用法を持っている。イノベーションの学問的考察に際しては、そうした多義性を踏まえた考察が必要不可欠である。

カテゴリー: 2014年度-3年次ゼミ(2013-2015), イノベーション論, 佐野ゼミ生用 | コメントする

佐野ゼミ3年次-2014.04.30

「計算作業」というdemandに対応・関連する複数の製品市場および市場セグメント 1.「人間の頭」を使った「暗算」や「筆算」— それに必要な道具に対応する市場としての、「筆記具」市場(鉛筆、シャープペンシル、 … 続きを読む

カテゴリー: 2014年度-3年次ゼミ(2013-2015), 佐野ゼミ生用 | コメントする

2014年度3年次ゼミ 2014.04.23

[来週の課題] 先駆者(first-mover)の競争優位の実現を可能にした要因に模倣困難性が高ければ、競争優位が持続する。 言い換えれば、模倣困難性が低ければ、自社の優位性を導いた要因を他社が模倣できるため競争優位は持 … 続きを読む

カテゴリー: 2014年度-3年次ゼミ(2013-2015), 佐野ゼミ生用, 未分類 | コメントする

2014年度佐野ゼミ-3年次-2014.04.16

[来週の課題] イノベーション(Innovation)概念の提唱者であるSchumpeterの原語はNeuerungである。 英語に直訳するとNewingであり、日本語で「革新」ということになる。 しかし日本では、kot … 続きを読む

カテゴリー: 2014年度-3年次ゼミ(2013-2015), 佐野ゼミ生用 | コメントする

技術視点から見たイノベーションのタイプ分類

[考察1]シュンペーターの「新結合としてのイノベーション」という考え方に関して、「複数技術の統合による新製品開発」という形でアプローチしてみよう。 その際には、下記WEBにある記事を参考にしなさい。 http://inn … 続きを読む

カテゴリー: 2014年度-3年次ゼミ(2013-2015), プロダクト・イノベーション, 佐野ゼミ生用, 佐野ゼミ生用課題, 新結合としてのイノベーション, 製品イノベーション事例 | コメントする