春合宿レポート要綱

春合宿レポート要綱(2018年春合宿)
新3年次ゼミ生は全員が合宿で発表することが最低限度の義務です。発表に際しては、下記の3点をそれぞれの指定提出締切までに必ず提出してください。
 
1.PowerPointファイル(提出締切:合宿の4日前)
  1. プロジェクター投影用発表を考えて、発表の要点を項目別に記すとともに、内容理解を促進するための参考画像を入れること。
  2. スライドの枚数は、発表タイトルと氏名を記入する第一スライドを含め全体で12枚または18枚とすること。これは、印刷の際に1ページにつき6スライドまたは9スライドを印刷し、A3サイズの用紙に見開き2ページで印刷するためです。また発表の際には1スライドに付き1~2分程度の説明時間をかけて説明し,トータルで約30分だけ発表していただきます。
  3. スライドには必ずスライド番号を入れておくこと。
2.Wordファイル(提出締切:合宿の前日の午後5時)
  1. 希望があれば、教員の修正指示および許可のもと、卒論の一部として利用することも許可する。
  2. 出典を明示しないコピペなど不正行為をしないこと。
  3. 自分の頭で考えたきちんとした文章にするとともに、注や参考文献を入れておくこと。

  4. 本文、参考データ、引用参考資料で3,000字以上となること。本文で2,400字以上あること。
3.Excelファイル(提出締切:合宿の前日の午後5時)
  1. レポート発表の根拠となる数値データをエクセル・データ化してこと。
  2. 重要なデータに関してはそれをグラフ化しておくこと。
  3. 重要なグラフはPowerPointファイルおよびwordファイルの途中に埋め込んでおくか、別途参考資料として参照できるようにしておくこと。
 
上記3点セットの提出が提出締切に間に合わなかった場合には、提出すべきwordファイルの最低文字数に関して下記のようなペナルティを課すこととします。(ただし冠婚葬祭や病気などやむを得ない公的かつ正当な理由でどうしても提出締切に間に合わなかった場合には事前連絡をお願いします。その場合には事情に応じて特別の対応を取ります。)
合宿日当日までに1点しか提出できなかった場合: 500字増の4,500字
合宿日当日までに2点しか提出できなかった場合:1,000字増の5,000字
合宿日当日までに3点とも提出できなかった場合:1,500字増の5,500字
 
合宿日当日までに提出が間に合わなかったWordファイルおよびExcelファイルの提出締切日は3月末日とします。提出が遅れた場合には提出遅れ1日に付き、提出すべきwordファイルの最低文字数を1%だけ増加させるものとします。
 
[注]3年次ゼミ生で合宿不参加の場合の対応
ゼミ合宿不参加の場合には、上記3点セットの内、PowerPointファイルの作成は不要で、2のWordファイルと3のExcelのみの提出で構いません。
 ただしその代わり,合宿に冠婚葬祭や病気などやむを得ない公的かつ正当な理由でどうしても参加できない場合は、wordファイルの最低文字数を2,000字増の5,000字、公的かつ正当な理由以外でどうしても参加できない場合はwordファイルの最低文字数を6,000字増の9,000字とします。なお正当な理由なく事前連絡なしに合宿不参加となった場合は、除ゼミ措置とします。
 
なお上記文字数には、参考文献一覧およびwordファイルに貼り付けたExcelファイルの参考数値データも一定割合まで含めます。(提出文字数に算入するのは、全体の20%までです。例えば、公的かつ正当な理由での欠席で最低文字数が5,000字の場合であれば、5,000字×20%=1,000字までを最低文字数制限のカウント対象としますので、本文を5,000字ー1,000字=4,000字以上書くことが必要です。また公的かつ正当な理由以外での欠席で最低文字数が9,000字の場合であれば、9,000字×20%=1,800字までを最低文字数制限のカウント対象としますので、本文を9,000字ー1,800字=7,200字以上書くことが必要です。)
 
提出締切日は3月末日とします。提出が遅れた場合には提出遅れ1日に付き、提出すべきwordファイルの最低文字数を1%だけ増加させるものとします。
 
 

[参考資料]
活動記録メモ>合宿レポート要綱(2015年度版)