欠席・遅刻のペナルティ

2015年度は暫定的に下記の通りの運用をします。なお正当な公的な理由による欠席として取り扱うのは、忌引き、病欠・介護、体育会活動による欠席などで証明書類が提出・掲示された場合です。

2年次における欠席のペナルティ
  1. 正当な公的理由による欠席の場合は、欠席1回につき1,500字以上のレポートを提出すること。
  2. 私的理由であるが事前に連絡・相談して欠席した場合は、欠席1回につき2,000字以上のレポートを提出すること。なお欠席回数が4回以上になる場合には4,000字以上のレポートを提出すること。
  3. 私的理由でなおかつ事前の連絡・相談なしに欠席した場合は、欠席1回につき5,000字以上のレポートを提出すること。
 
2年次における遅刻のペナルティ
  1. 公的理由なき10分以上の遅刻の場合には、春合宿におけるレポートの最低文字数を1分に付き50字増(最大2,000字)とする。なお遅刻と欠席の合計回数が4回以上になる場合には1分に付き100字増(最大3,000字)とする。
 
3年次における欠席のペナルティ。なお欠席がすみやかに提出されない場合には、卒論の最低文字数を増加させるものとする。
  1. 正当な公的理由による欠席の場合は、欠席1回につき1,500字以上のレポートを提出すること。
  2. 私的理由であるが事前に連絡・相談して欠席した場合は、累積欠席回数が4回までは欠席1回につき2,000字以上のレポートを提出すること。なお累積欠席回数が5回以上になる場合には欠席1回につき4,000字以上のレポートを提出すること。
  3. 私的理由でなおかつ事前の連絡・相談なしに欠席した場合は、欠席1回につき5,000字以上のレポートを提出すること。
 
3年次における遅刻のペナルティ
  1. 公的理由なき10分以上の遅刻の場合には、卒論の最低文字数を1分に付き50字増(最大2,000字)とする。なお遅刻と欠席の合計回数が4回以上になる場合には1分に付き100字増(最大3,000字)とする。
 
[証明書の提出・掲示を求める理由としての、コンプライアンス確保]

河北新報(2015)「実在しない親族死亡と忌引12回 懲戒免職」河北新報WEBニュース、2015年03月27日