イノベーション論」カテゴリーアーカイブ

建設における技術革新型イノベーション

建設における技術革新については、下記の3つの視点から論じることができる。 視点1>IT化による技術革新 a.スマートコンストラクション b.ビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM) c.その他   視点2> … 続きを読む

カテゴリー: イノベーション論, 事例的課題, 佐野ゼミ生用課題, 合宿・卒論用ケース課題, 遅刻者・欠席者用課題 | コメントする

製品イノベーションの採用に関わる顧客のcost

製品イノベーションによる新製品を顧客が購入するかしないかという決断のあり方は、新製品を採用することにともなう「コスト」負担と、新製品採用によって得られる「便益」享受の大小関係の比較という視点から分析・理解することができる … 続きを読む

カテゴリー: イノベーション論, 佐野ゼミ生用課題, 理論的課題, 製品設計(Product design)問題, 遅刻者・欠席者用課題 | コメントする

歯ブラシのイノベーション

A.新結合型イノベーション事例としての、スマート歯ブラシ フランスのKolibree社、米P&Gグループのブラウン、日本のサンスターなど複数の会社がスマートフォンとの連携による歯磨きに関わるイノベーションをおこなっている … 続きを読む

カテゴリー: イノベーション論, 佐野ゼミ生用課題, 歯ブラシ, 製品イノベーション事例 | コメントする

イノベーション論としてのアッターバックのドミナント・デザイン(dominant design)論に関連する課題

アッターバックのドミナント・デザイン(dominant design)論という理論では、下記のような現象が起こると考えられている。 前提1 「市場成立期には、product innovationが盛んであり、多様なdes … 続きを読む

カテゴリー: アッターバック, イノベーション論, 佐野ゼミ生用課題, 遅刻者・欠席者用課題 | コメントする

電気自動車の充電方式

電気自動車の充電方式(電池パック交換式を含む)をめぐる国別の差異に関して、下記のような問いが考えられる。   問1 「どのように違っているのか?」「なぜ違っているのか?」「そうした差異は国や企業にどのような影響を与えるの … 続きを読む

カテゴリー: 2014年度-3年次ゼミ(2013-2015), 2015年度卒業予定ゼミ, イノベーション論, 佐野ゼミ生用, 佐野ゼミ生用課題, 製品イノベーション事例, 遅刻者・欠席者用課題, 電気自動車 | コメントする

米電気自動車メーカー・テスラの時価総額はなぜ急激に上昇したのか?

下記の記事にあるように、電気自動車を製造しているアメリカの企業テスラモーターズ(Tesla Motors, Inc.)が社会的に強い注目を浴びている。   児玉万里子(2013)「4か月で株価3倍!米テスラモーターズの挑 … 続きを読む

カテゴリー: イノベーション論, 佐野ゼミ生用課題, 製品イノベーション事例, 遅刻者・欠席者用課題 | コメントする

イノベーター、アントレプレナーの講演

The DFJ Entrepreneurial Thought Leaders Seminar (ETL) https://itunes.apple.com/jp/podcast/entrepreneurial-thou … 続きを読む

カテゴリー: イノベーション論, 講演(英語) | コメントする

Innovationに関して「適切とは言えない」が、「知的におもしろい」議論

DVORAK配列などのようにQwerty配列よりすぐれたキーボード配列が「発明」されても社会的に普及していないのは、すでにQwerty配列型キーボードを使用している人にとっては「キーボード配列を新たに覚え直さなければなら … 続きを読む

カテゴリー: イノベーション論, 佐野ゼミ生用, 佐野ゼミ生用課題, 製品設計(Product design)問題, 遅刻者・欠席者用課題 | コメントする

佐野ゼミ 3年次 2014.06.18

イノベーションに関するクリステンセン的なタイプ分類  クリステンセンは、「既存技術を漸進的に改良しただけの技術に基づくイノベーションなのか?それとも、既存技術とは抜本的に異なる新技術に基づくイノベーションなのか?」という … 続きを読む

カテゴリー: 2014年度-3年次ゼミ(2013-2015), イノベーション論, クリステンセン, 佐野ゼミ生用 | コメントする

佐野ゼミ 3年次 2014.06.04

新製品開発に際しては、「需要(demand)に関する市場調査に基づいて製品イノベーションを進める」Market-oriented Innovation的やり方と、「需要(demand)に関する市場調査をおこなうことなく製 … 続きを読む

カテゴリー: 2014年度-3年次ゼミ(2013-2015), イノベーション論, 佐野ゼミ生用 | コメントする